So-net無料ブログ作成

ターミナルサービスゲートウェイのインストール [OS]

Windows Server 2008 の新しい機能の一つにターミナルサービスのゲートウェイがあります。
00.jpg
外からうちのサーバ達にアクセスする事が多いので、トンネリングするこういう機能があると便利かな?と思ったりします。
実際、いまのところは1台目のサーバにターミナルサービスでログオンした後、そのサーバからターミナルサービスクライアントを起動して別のサーバにログオンしています。
なれればそれほど苦ではありませんが、せっかくの新しい機能なので試してみようという事です。

今回はインストールです。
ターミナルサービスゲートウェイは役割なので、サーバマネージャの 役割の追加 を実行します。
サーバーの役割で ターミナルサービス を選びます。
11.jpg
12.jpg
そこからさらに TS ゲートウェイ を選択します。
13.jpg
TSゲートウェイを選ぶと、必要になる前提も選択されます。ちなみに IIS は必須です。
14.jpg
TSゲートウェイ にはサーバー認証証明書が必須です。公的機関の証明書が強く推奨されてますが、敷居が高いので自己署名証明書を作成します。
16.jpg
17.jpg
TSゲートウェイを使用するOSユーザのグループを選択します。
18.jpg
TS CAP というものを作成する必要があるそうです。認証に関係します。スマートカードは無いのでパスワードです。
19.jpg
TS RAP というものも作成する必要があるそうです。ネットワークリソースやコンピュータにアクセスすのに必要です。
20.jpg
そのほかネットワークポリシーとアクセスサービスを設定する必要があるそうです。
21.jpg
22.jpg
そして、IIS も構成する必要があります。
23.jpg
24-1.jpg
24-2.jpg
これでようやくインストールの開始です。
25.jpg
ほどなくして完了。
27.jpg
TS ゲートウェイ マネージャ なるツールで ターミナルサービスゲートウェイを設定します。
28.jpg

たかだかゲートウェイ機能なのに、なんだかいろいろです。…理解できない…
ターミナルサービスゲートウェイはSSLで暗号化するのが前提になっているので証明書が必要で、IISも必要になります。
…SSLはオプションでいいのではないかと思います。おかげでややこしくなってしまってる。

ちなみにこのままでは使えません。
証明書が自己署名証明書なのでクライアント側に証明書をインストールしないといけません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。