So-net無料ブログ作成

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC (33) [SAP]

SAP ERP 6.0 EHP4 on Oracle RAC です。
少し前からSAPインストール後処理をしています。
少し前からEHP4 の適用になります。
前回でSUMにて事前に適用するべきノートの適用を求められます。
005m.jpg

・事前ノート適用
SAPにログオンして SP,EHP適用に必要なノートを適用します。
001m.jpg
Tr.SNOTE でノートをSAPにダウンロードします。
003m.jpg
ノート0001523714は適用範囲外ですが、SAPに取り込まれている必要があります。
ノート0001523714以外を順次適用します。
006m.jpg
007m.jpg
移送依頼を登録しますので、検証機,本番機はこの移送を取り込みます。
008m.jpg
009m.jpg
変更を確認
010m.jpg
有効化
011m.jpg
修正するものの中にはインクルードもあり、インクルードはメインプログラムを必要とするので、メインプログラムをどれか指定します。
あまり変なプログラムを選ばなければどれでもOKのはずです。万が一エラーになっても無視します。
012m.jpg
完了
こんな感じで残りも適用します。
013m.jpg
ノート0001462364は前提ノート1264874を必要とするのでこれもダウンロードします。
014m.jpg
ノート0001680583も前提ノート1694587を必要とするのでこれもダウンロードします。
023m.jpg
また、ノート0001462364は適用前のマニュアル修正があります。
015m.jpg
ノート0001462364に従い事前修正をします。
Tr.SE91 にてメッセージクラスDT,メッセージ番号148を編集します。
016m.jpg
ログオン言語を選択
017m.jpg
ノートの指示にある様に入力して保存します。
018m.jpg
他のノートと同じ移送に組み込みます。
019m.jpg
保存されました。
021m.jpg
Tr.SNOTEに戻り、チェックを入れて続行します。
022m.jpg
全てのノートを適用します。
024m.jpg
適用したノートのステイタスを完了にしておきます。
025m.jpg
026m.jpg
ノート適用の移送依頼はSP,EHP適用の前にリリースしてエクスポートします。
SPレベルが異なると移送出来なくなるので事前にエクスポートまでやります。
028m.jpg

実は、上記ノート以外に事前に適用しておくノートがありました。
SP適用中はBASIS等のコンポーネントバージョンの認識が出来なくなるためか、Tr.SNOTEでのノートの適用が出来ません。
この場合は、手修正で該当のオブジェクトをモディフィケーションするか、SP適用前にリストアしてTr.SNOTEでノートを適用してから再度SPを充てなおすのどちらかになります。
今回は事前に何回かトライしていて、必要なノートが判明しているので、SP適用前にノートを適用します。
追加のノートは以下です。
0001348662
0001380355
029m.jpg
同じ様に移送依頼を取得します。
031m.jpg
適用は問題なく完了します。
032m.jpg
ステータスを完了にして、
033m.jpg
移送をリリースしてエクスポートします。
035m.jpg

事前ノートの適用は以上です。
続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。